MENU
悩み

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの選び方

正式には『シリコーンシャンプー』だそうですが、シリコンシャンプーの方が言いやすいので、こちらではシリコンシャンプーという事にします。

販売されているシャンプーは大きく2つに分かれます。

一つは、シリコンシャンプー
もう一つは、ノンシリコンシャンプー

どっちが良いとか悪いとかいう事はなく、シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの特性を知って、自分の状態にあった方を選んで下さい。

ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーとは、そのままでシリコンが入っていないシャンプーです。

ノンシリコンのメリット

・髪にコーティングをしないので自然な仕上がり。
・さらさらした軽い仕上がりの髪になる。
・カラーなどの薬剤は浸透しやすい。

デメリットは

・洗髪中に髪同士の摩擦できしんだり、強く洗うと傷みやすくなる。
・切れ毛や枝毛が出来やすい

ノンシリコン=良いっていう訳ではなく、ただシリコンが入ってないというだけのものなのです。

シリコンシャンプーとは?

シャンプーに配合されているシリコンとは、ケイ素を元に人工的に合成された樹脂です。

シャンプーの他にもファンデーションや日焼け止めなどにも使われています。

裏に書かれている成分名で、メチコン、シリル、シロキ、シランと書かれている成分が入っていれば、シリコンが配合されています。

シリコンを入れるメリット

・髪の毛のキューティクルを保護する。
・洗髪中のきしみを抑える。
・髪同士の摩擦によるダメージを減らす。
・指通りが良くなるので、からまりやすい髪や枝毛への対策。
・ドライヤーの熱風から髪を守る。
・髪に艶を与える。

ダメージが気になる人、広がりやすい髪をまとめたい人には、シリコンシャンプーがオススメです。

シリコンシャンプーが悪者扱いされる訳

シリコンシャンプーが悪者扱いされる代表的な原因は3つ

・頭皮の痒みや抜け毛の原因になる
・毛穴が詰まったり、頭皮や髪に悪い影響を与える
・有効成分の浸透を妨げる

です。

全てシリコンが原因ということは無いです。
資生堂:シリコーンについて

ノンシリコンシャンプーを売りたい企業の戦略で、全ての罪をシリコンなすりつけたんだと思います。

ただ他の製品と比べて極端に安い製品は、安価で粗悪なシリコンが入ってる可能性があるので、注意した方が良いと思います。

結局ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーどっちが良いの?


ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーに優劣はありません。

これまでに書いたように、髪をどうしたいかで決めれば良いと思います。

髪を守りたいなら、シリコンシャンプー
自然にな状態でいたいなら、ノンシリコンシャンプー

で決めれば良いと思います。

【まとめ】シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの選び方

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーを選ぶ基準は、髪をどうしたいかで選んで下さい。

シリコンシャンプー=悪

のイメージだけで決めるのは、もったいないとです。

・髪を守ってダメージを減らしたいなら、シリコンシャンプー
・不要なものが入っていなく自然な状態にしたいならノンシリコンシャンプー

私は、髪を守って欲しいのでシリコンシャンプーをオススメします。