仕事

自動車整備士には今からなるな!転職しても未来は暗い自動車業界から異業種にクラスチェンジしよう

車が好きだから、自動車整備士に転職しようと思ってるんだけど、どう思う?

私が元自動車整備士なので、友人・知人がたまに相談しに来ます。

この相談に対して、私は自動車整備士に転職するのを全力で止めています。

理由は、転職してまで自動車整備士になる魅力が1ミリも無いからです。

車関連は仕事にせず、趣味で車をいじるぐらいで丁度良いです。

じゃあどうして、私が自動車整備士に魅力がないと言うのか、もう少し詳しくお伝えしていきます。

自動車整備士には今からなるな|自動車整備士の現状は?

自動車整備士の現状は、純粋な車の整備の仕事は、昔みたいに忙しくなくヒマです。

技術進歩で車が壊れにくくなっています。

昔は3000km走ったらオイル交換とか言われていましが、私は年間2万キロ走りますが、オイル交換なんか車検毎にしかしないけど、車が壊れた事は一度も有りません。

壊れにくいので修理に来る人は減っているし、壊れる前に買い換える人も多いですから、増々修理に関してやる事が減っていますね。

むしろ、修理以外の仕事の方が多いのが現状です。

車検やオイル交換の仕事を取って来たり、身内や近しい人に新車購入をお願いしたりと、純粋に車の整備だけすれば良い訳ではありません。

車の修理以前に、若い世代の車離れが進んでいます。

駐車場代、保険料、ガソリン代、車検などお金が掛かりすぎるので、若い世代の車の購入台数は年々減少しています。


引用元:運転免許統計-警察庁

また最近よく報道される、高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違いのよる事故、あおり運転に対する恐怖があるので、増々車離れが起こると予想されます。

現在も潰れる自動車教習は、増えています。

引用元:自動車教習所から国内自動車市場の動向をみる

資料は古いですが、2019年指定教習所の数は1330件まで減っています。

この時点で、もう整備士や自動車業界の未来は暗く感じませんか?

自動車整備士には今からなるな|自動車整備士の仕事はなくなるのか?

整備士や自動車業界の未来は暗いからと言って、自動車整備士の仕事が無くなるか?

と言われれば、無くなりません。

車関連には、利権が多く絡んでいるので、衰退はしますが無くなる事はありません。

無くならないと言っても、今まで通り車検したりオイル交換したり、ちょっとした修理をするだけの整備士は必要なくなりますね。

理由は、これから自動運転が主流になって行くので、機械相手というよりプログラムなどシステム的な事が多く絡んでくるので、プラスαが求めれます。

でもそんなのは、設計やシステムエンジニアを呼んで、やらせれば良いじゃん!!って思いますよね。

その通りです。

だから今で通り機械相手の修理しか出来ない人は、いらなくなって来るんですよ。

自動車整備士には今からなるな|自動車整備士は4K?

4Kとは、「きつい」「汚い」「危険」「給料安い」の事です。

自動車整備士は4Kですね。

炎天下の中車の下に潜ったり、油まみれになったり、ベルトに手が挟まれたりもします。

個人的には、下手したら熱中症になるので、炎天下が一番きつかったですね。

給料は、年収300万~450万ぐらいなので、まぁ高くもなく安すぎる事もなく微妙ですね。

休みは、ディラーは比較的取りやすいですが、中小企業は取りづらいかもしれません。

私は従業員10名程度の小規模の会社に勤めていましたが、連休は交代で休んでいたので、休みは取りづらかったですね。

自動車整備士には今からなるな|まとめ

相談に来た友人・知人に、これまで書いて来た事の話をすると、100%諦めて他の業種に行きます。

それでも自動車整備士になりたいんだ!!とい熱量があるのであれば、今まで通りの自動車整備士ではなく、プラスαの知識&技術を持った整備士を目指して下さいね。

私、自動車整備士として3年働きましたが、そこまでの熱量もなく一生やる仕事だと思えなくなったので、早々に見切りを付けて異業種に転職しました。

私自身が転職する時の優先順位は


1位:給料
2位:休み
3位:好きじゃないけど出来る事

です。

自分の経験から、好きな事を仕事にしたらダメだなって思っていたので、自分が出来る事にしています。

転職に迷われる方は、好きな事は一旦わきに置いて下さい。

そして色んな転職サイトに登録して、会社説明会や、同業種の人の話を聞きに行ってみて下さい。

文字面だけで決めてしまうと、ミスマッチが起こって、遅かれ早かれ転職する事になります。

生の声を直接聞いて、文字では伝わらない情報も参考に、自分にとって良い転職にして下さい。