スポンサーリンク

セパタクローってどんなスポーツ?ルールや歴史について

マイナースポーツだったセパタクローが
ちょっとした話題になっています

TBSのピラミッドダービの
異種バレーボール対決で放送された
セパタクロー VS ビーチバレーがきっかけで話題になってます

名前ぐらいは聞いたことあるかも知れませんが
ルールや実際の試合を見たこと無い人が
ほとんどだと思いますので

セパタクローの魅力を伝えたいと思います

スポンサーリンク

セパタクローってどんなスポーツ?

セパタクローは東南アジア各地で9世紀ごろに始まった球技で

別名「足のバレーボール」「空中の格闘技」とも呼ばれています

マイナースポーツですが歴史のある球技で
日本語では籐球(とうきゅう)って言います

漢字にもある籐で編んだボールを昔は使っていましたが、今はプラスチック製になりました

世界の競技人口は不明ですが日本では約2000人言われています


セパタクローのルール

セパタクローは3人1組で戦います
コート等はバトミントンと同じものを使用

コート:縦13.4mx横6.1m
ネット:男子1.52m 女子1.42m

基本ルールはバレーボールと同じで
・3回以内に相手コートにボールを返さないといけない
・勝敗は1セット21点のラリーポイント制

違う点は

・腕や手をを使ってはダメ
・守備のローテーションはしない
・1人続けて3回まで触って良い

こちらでもルールについて動画で紹介してあるので見てみて下さい

セパタクローってどんなスポーツ?ルールや歴史について まとめ

少しはセパタクローの事を知ってもらえたと思います

足を使うのがメインのスポーツなので
サッカー経験者の人は馴染みやすいと思います

実際の試合はこんな感じです

どうですか?
面白そうじゃないですか?

私は生で見て興奮したいと思ったのですが
マイナースポーツのため試合のほとんどが関東でした

試合日程はコチラで見れます↓↓
日本セパタクロー協会HP

少しでも興味が沸いた方は、まだまだ試合動画はたくさんアップされているので探してみて下さい

スポンサーリンク

Posted by fxtalk