スポンサーリンク

モンドセレクションの実態を調べたら日本企業だらけだった

出典:モンドセレクションHP

ここ数年の間で
どこに行っても目にする様になった
モンドセレクション受賞のロゴ

そんなに簡単に受賞出来るものなのか?
どういう基準で選ばれているのか?

など気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

1.モンドセレクションとは?

・1961年に設立

・本部はベルギー

・毎年70名の専門家が
 他からの干渉を受けることなく
 独立して試験やテイスティングなどを行う

・審査基準は
 同ジャンルの製品を比較するものではなく
 商品ごとの品質等を客観的に評価 

・賞の種類は
 最高金賞、金賞、銀賞、銅賞
 クリスタル・プレステージトロフィー
 インターナショナルハイクオリティトロフィー

・カテゴリーは
 スピリッツ&リキュール
 食品
 ビール、水&ノンアルコール飲料
 化粧品&トイレタリー製品
 ダイエット&ヘルス
 インターナショナルワインコンテスト
※トイレタリーとは
 身体の洗浄や身だしなみの総称
 パーソナルケア用品とも言われる

・応募費用はジャンルにより異なるが
 概ね1100ユーロ前後(約15万円)

 2018年からはお金を払えば審査員が
 ありがたいお言葉を添えてくれるそうです(笑)

2.カテゴリー別の評価基準


各カテゴリーで似たような評価基準で

・カテゴリー毎にテイスティングシートと呼ばれる専用の評価シートがあって各審査員が独立した状態で記入する。
・客観的に製品を評価するために各審査員の付けた点数の平均で決まる

これに加えて各カテゴリーでの基準がありました

スピリッツ&リキュール

専門家たちは
・製品の濃度、外観、特色、泡および透明度等を見極める視覚、
・香味、香りを察知する嗅覚、
・風味や味を明らかにする味覚を駆使して、製品の感覚的品質を評価します。
・最終的な製品全体に対する評価では、香りとあと味の調和性が考慮されます。

製品特有の性質や特色に対し、正しい評価を下すための参考資料として、 テイスティング開始前に、製品の産地、配合成分、アルコール度数、製造方法等の情報が記載されたテクニカルシートが配布されます。この単なるテイスティングの域を超えた評価基準は、全体的な品質の評価を可能にしています。

パッケージのデザインや、利便性も評価対象とされています。

食品

評価においては、 味、香味、食感、風味、口内感覚などの感覚的性質のみならず、 成分および成分に関する表示の明確さ、パッケージ、調理のしやすさ、使用説明等も評価のポイントとなっています。 

単なるブラインドテイスティングなどではなく、 製品の品質に対する全体的な分析です。

モンドセレクションの特色と付加価値:

・製品のテイスティングを開始する前に、 製品固有の性質や特色に対し、正しい評価を下すための参考資料として、 テイスティング開始前に製品の産地、成分、製造方法等の情報が記載されたテクニカルシートが配布されます。各製品をそれぞれ正しく評価するために、専門家たちは各自の経験や知識を分かち合うための時間を取ります。

ビール、水&ノンアルコール飲料

評価は 製品の感覚的品質を評価する 感覚器官試験から始まります。

モンドセレクションの特色と付加価値:

製品固有の性質や特色(製品の原産地により異なる場合がある)に対し、正しい評価を下すための参考資料として、テイスティング時には製品の情報が記載されたテクニカルシートが配布されます。

このような情報を考慮に入れることにより、単なるテイスティングの域を超えて、品質を客観的かつ全体的に評価することが可能になっています。

例えば、飲料水を正しく評価するため、専門家たちは多くの科学的または生物学的な特性を分析、確認するのみならず、他の国々や対象者の多種多様な基準に組み込まれている成分に関する事項(ミネラル、PH等)についても理解し、判断を下せるようでなくてはなりません。

パッケージのデザインや、利便性も評価対象とされています。

化粧品&トイレタリー製品

専用のテイスティングシートには下記の内容が含まれていて評価している
・使用成分のリスト
・強調表示の形式と内容
・製品の効用に関する正しい説明
・表示の根拠およびコンプライアンス
・使用上の注意
・強調表示と製品に含まる成分の整合性
・製品の革新的要素
・消費者向けに謳われている製品の科学的効用性
・謳われている効用が期待できるだけの有効成分が配合されているか
・使いやすさ(爽快感、香り、質感、浸透率)
・肌への優しさ
・試用テストに基づく製品の一般的効用性
・すべての分析は、食品ならびに化学業界に関する研究教育機関であるモーリス研究所にて行われます。

ダイエット&ヘルス

ダイエットおよび健康製品の主だった特性分析は、栄養学者、大学教授、化学者などの独立した専門家に依頼します。
以下の点が、評価対象となります。

消費者向けに表示されている情報は、完全であるか(成分表、栄養成分、含有される有効成分、使用方法の説明、用量、使用状況等)
製造者が謳う特有の性質は、科学的にみて正しく、謳われている効能を期待できるだけの十分な有効成分が製品に含まれているか
モンドセレクションは、欧州指令やアメリカ食品医薬品局などのヨーロッパおよびアメリカの成分や表示に関する考え方に基づいて、品質の評価を行います。

しかしながら、モンドセレクションが各国の保健関連省庁に取って代わり是非の判断を行うわけではありません。市場においてはあくまでも、製品が販売される国の保健関連省庁が是非を判断します。

ダイエットおよび健康製品を評価するため、約20の評価基準を含む評価シートを準備しています。シートには次の内容が含まれています。

・使用成分のリスト
・含有される有効成分
・強調表示の形式と内容
・製品の効用に関する正確な説明
・栄養価表示に関するコンプライアンス
・用量に関する情報、使用条件、および消費期限
・強調表示と製品に含まれる成分の整合性
・謳われている効用が期待できるだけの有効成分が含有されているか
・試験室での試験結果
場合によっては、感覚器官試験が実施されることもあります。

インターナショナルワインコンテスト

モンドセレクションのインターナショナルワインコンテストは、EUの認定を受けたコンテストです。ベルギー経済省管理仲裁事務局の管理下で行われます。

ヨーロッパにおいて高い信頼を得ているこのコンテストは、 国際ぶどう・ぶどう酒機構(OIV)が後援し、その規則に則り進行される ベルギー唯一のコンテストです。

葡萄やワインの販売、生産、販売、貿易等に携わる事業者であれば、参加が可能です。

国際色が豊かさは、当コンテストの誇りです。毎年世界の20カ国以上よりサンプルが寄せられます。

モンドセレクションの組織委員会が任命する審査員は、その専門性に鑑みて世界各地から選出されます。審査員を務めるワインテイスターやワイン醸造学者は、OIVとUIOE(国際醸造学者連盟)の テイスティングシートに従い、 ブラインドテイスティング形式で評価を行います。

当ワインコンテストは、 国際的な規則規定等に 忠実に沿った形で組織運営されています。

毎年第一四半期に ブルッセルにおいて 開催されます。

コンテスト開始前には、ベルギー連邦政府経済省管理仲裁事務局ならびに審査員が、

各出展製品の
分析試験結果などの資料を確認します。
各審査員は 葡萄の種類と産地ごとに出される製品に対し、ブラインドテイスティングを行い、 OIVおよびUIOEの規則に従い各々テイスティングシートへの記入を行います。

テイスティングシートには、 外観、香り、味および製品の全体的な調和性などの項目が含まれており、

記入完了後はベルギー連邦政府経済省が回収し確認します。

審査員たちがつけた点数の平均点により、銅賞、銀賞、金賞または最高金賞のメダルが授与されます。

当コンテストは、ヨーロッパのワインコンテストに関する規則に従い執り行われます。

出典:モンドセレクションhttp://www.monde-selection.com/jp/default.asp

ワインだけはベルギー連邦政府が関わってたりして別格な感じです



3.モンドセレクションの各賞の受賞条件

賞をもらえた企業は優秀品質ラベルを3年間製品に表示しても良いことになっています。
しかも何年も高品質を保っているとトロフィーまでもらえます。

優秀品質銅賞:平均点60~69点


優秀品質銀賞:平均点70~79点


優秀品質金賞:平均点80~89点


優秀品質最高金賞:平均点90~100点


25周年記念トロフィー:25年連続で賞を受賞したらもらえる


クリスタル・プレステージトロフィー:10年連続で賞を受賞したらもらえる


インターナショナルハイクオリティトロフィー:3年連続で金賞か最高金賞を受賞したらもらえる

4.2017年データ

商品点数:2965点
応募社数:966社 アジアが777企業 2109製品で大半をしめている
応募国数:89カ国 アジアが18カ国
各賞数 :優秀品質最高金賞 420 
優秀品質金賞 1368 
優秀品質銀賞 737
優秀品質銅賞 166

25周年記念トロフィー
日本の白竜酒造が受賞

クリスタル・プレステージトロフィー
42社が受賞。そのうち37社の日本企業が受賞

インターナショナルハイクオリティトロフィー
228社が受賞。そのうち191社の日本企業が受賞

5.モンドセレクションの実態を調べたら日本企業だらけだった まとめ

データを見る限り
モンドセレクション=日本の為に開催

ですね(笑)

最高金賞受賞のロゴがあるだけで商品がたくさん売れるから
企業としては1100ユーロ(約15万程度)の出費なら費用対効果は良さそうですね。
応募すれば何かしらの賞はもらえるみたいだし(笑)

そろそろ私達消費者も
なんとか賞に踊らされるのは止めないと

モンドセレクションの主催者達の高笑いが止まりませんよ。

スポンサーリンク

Posted by fxtalk