スポンサーリンク

我が家に猫がやってきた時の話

生後3ヶ月頃に我が家にやってきた猫さん。

スコティッシュフォールドは、ショップで買うと25万ぐらいしますが、猫さんは3万でブリーダーの方から譲ってもらいました。
とても安い、平均の80%引きです。

障害がある訳じゃないのですが、人気がなく、ショップに売れなかったそうです。
色とか模様とか、色々と判断基準があるそうですね。

旦那は猫飼いの家で育ってきているので、猫に対して慣れていたのですが
私は初めてだったので最初は戸惑ってばかりでした。

旦那いわく、猫のしつけで大切なのは『自分の匂いを付けてマーキングさせること』だそうで、
家に初めて来た時は、お水とご飯をあげてからトイレするまで、トイレの砂場から出しませんでしたし
爪とぎも肉球を擦り付けて、「ここで爪とぐんだよ~」と何度もやっていました。
ちなみに、強制的に手を押さえ付けられて肉球擦られているので、猫さん本人は嫌そうな顔してました。

猫さんの頭が良かったのか、旦那の教え方が良かったのか分かりませんが、
壁で爪とぎをすることは無いですし、トイレもすぐに覚え、失敗した事はありません。

私の友人宅が、猫のしつけが上手くいかなくて、家の壁が何ヶ所もボロボロになっているのを見た事があるので
爪とぎは1番心配していたのですが、猫さんがちゃんと覚えてくれて本当に良かったです。

そんな猫さんは子猫の頃、掃除機が大嫌いでした。
基本的に猫は騒音が苦手らしいのですが、猫さんは掃除機をかけた途端、逃げるように走り去ってしまいます。

呼んでもなかなか出て来なくて、探し回った所、冷蔵庫の裏に避難していたことがありました。
あの頃は小さかったので、入っていけたんですね。びっくりしました(笑
今ではあの頃より倍以上大きくなったので、もう入る事は出来ません。

可愛かったのに・・・
ちょっと勿体ないなと思ってしまいます。

猫さん、今では1歳10ヵ月になりました。

もう掃除機でビビることもなく、ちょっかい出さない限り、その場から動こうとしません。
凄く落ち着いてしまって、私の実家のお祖父ちゃんを連想させるだらけ具合(ごろんとして、極力動かないんです)
猫としても、まだまだ若いはずなのに、まるでおっさんです。

スポンサーリンク

Posted by fxtalk